FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  PARC Audio Project
tags : 
SEAS vs PARC

禁断のテーマです(笑)

PARCのシステムは3年間にわたって改造を繰り返しながら現在に至っていますが、実はその間にSEASのネットワークの大改造も行っています。つまり、このふたつのシステムは互いに切磋琢磨しながらレベルアップを図ってきたわけですが、どちらも作っているのは私なので、いつの間にか鳴りっぷりが似てきました。

で、あえて両者の鳴り方を比較するとこんな感じ。

高音の切れ味が鋭いのはPARCのほう、SEASはもう少しまったりしています。この違いはツィータの磁性流体の有無によるものでしょう。T25CF001はその名の通り磁性流体ありのツィータです。

一方、低音の伸びがあるのはSEASのほう。口径が15cmと一回り大きいのとfoが38Hzと低いこともあって、40Hzぐらいまで再生できます。そのかわりSEASの能率はかなり低めです。元々のユニットの能率が85.5dBと低いうえ、がっつりバッフルステップ補正をかけているので、おそらくシステム効率は80dB/Wぐらいでしょう。

まとめると、溌剌としているのがPARC、しっとり落ち着いているのがSEAS。

このあたりはウーファーの素材であるアルミとマグネシウムの違いも効いているのかもしれません。ただ、どちらもメタルコーンから想像されるようなキンキンした音を出さないところは共通しています。

PARCandSEAS2



(つづく)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用