FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  未分類
tags : 
3月21日に第6回PARCサウンド鑑賞会が盛況のうちに終わりました。

2015ロゴ

当日の様子はこちら


私としては『豊かな中低音と高解像度の両立』という大目標を掲げて臨んだ今年の鑑賞会ですが、それ以上に3年連続で同じシステムを持ち込むからには多少なりとも昨年より進歩していないとかっこわるいというか申し訳ないというか、そんなプレッシャーを感じながらの発表となりました。


セットリストはこちら。

YO-YO MA Plays MORRICONE

"The Mission: Gabriel's Oboe"

オーケストラバージョンとピアノ伴奏のみのバージョンが収録されていますが、演奏したのは音数が少ない後者のほう。



技術解説をしたあと、2曲続けての演奏です。

Very best of manhattam transfer

"A Nightingale Sang In Berkeley Square"

マンハッタントランスファーの魅力が凝縮された美しい曲ですが、スピーカー的には周波数特性のバランス、歪み感の少なさ、解像度の高さといった総合力が問われます。



SecondChildhood

"There’s a boat that’s leavin’ soon for New York"

前曲の余韻が消えないうちにエレクトリックピアノのイントロにつなげる流れは自宅でリハーサルして決めたものです。この2曲、曲想は異なりますがどちらもニューヨークを舞台にしているだけあってごく自然につながります。導入部分の短いベースソロが心配でしたが、良い機材に助けられて自宅よりうまく鳴ってくれました。



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト