FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  PARC Audio Project
tags : 
新しいポートの特性を測定しました。

ARTAでポートとドライバのニアフィールドレスポンスを測定し、.FRDファイルをSpeaker workshopにインポートして合成特性を求めました。いわゆるKeeleの方法ですな。といってもSpeaker workshopにパラメータを入れるだけですが。

http://www.aes.org/e-lib/browse.cfm?elib=2774

測定風景


とりあえず様子を見るだけなので2π空間から4π空間への変換はしていません。

2πだ4πだという話に関連して、こんな記事を見つけました。著者はJeff Bagbyさん。2014年1月3日の日付があります。White paperなのでAESの論文のようなちゃんとしたものではありません。個人的に書いたレポートみたいな位置づけですかね。

https://app.box.com/s/fefis558wna1d6pd07r3

元ネタはdiyAudioのこちら。

http://www.diyaudio.com/forums/multi-way/249310-nearfield-farfield-curve-splicing.html

Jeff Bagbyさんの論点は『NearfieldとFarfieldのデータをつなぎ合わせる(Splice)ときには、Nearfieldのデータに対してバッフル回折の補正をしてやらないといけないことを俺は見いだしたのだ!』と主張しているのですが ...

何をいまさら?って感じです。

どこで勉強したか忘れましたが、私は2012年の時点で既に実践してるんですけどねえ。

http://iridium17.blog96.fc2.com/blog-entry-269.html



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用