FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
Millsはどんどん切れ味が良くなってきましたが、そうすると今度は中高音が耳に付くようになり、またもや再調整を余儀なくされました。ただ、このあたりの勘所は分かっているので、SEASの『魂柱』ことQダンプ抵抗のR2を47Ωから39Ωにして3.5~4.5kHzあたりのレベルを少し下げてバランスを整えました。

このときの周波数特性の変化をSpeaker Workshopで確認してみると、驚いたことに0.24dBしか変わっていません。

こちらが再調整前。MAXの値がちょうど3.5~4.5kHzあたりに相当します。
Excel2

こちらが再調整後。
Excel151226

この帯域における人間の聴感は極めて敏感だということでしょうが、うちのSEASの場合はそれだけではなく、Qダンプ抵抗をいじることでHPFの過渡特性が変化し、それが音色に影響を与えている気がします。

こちらはHPFの伝達関数(Transfer Function)です。ここでいう伝達関数とはHPFの周波数-電圧特性のことです。Speaker WorkshopにはTransfer Functionを直接求める機能はないのですが、[Calculate]→[Combine]を使ってフィルター後の特性をTWの裸特性で割ることで求められます。

現状の伝達関数は3.5kHzにリップルがあり、2次のチェビシェフフィルターのような特性です。このリップルはQダンプ抵抗を大きくすると高くなり、小さくすると低くなりますが、いずれにせよ臨界制動ではないので、何らかのおつりが来ているはずです。

Transfer_1


何故こんなリップルが残っているかは、こちらを。

ピンクがバッフルに取り付けた状態でのT25CF001の裸特性、赤がHPFを通った後の音圧特性で、白で示したLR4@1.9kHzにほぼ沿っています。ピンクと赤の差分が伝達関数に相当するのですが、ピンクの裸特性には3.2kHzにディップがあるため、これを補正して滑らかなLR4を作ろうとした結果、伝達関数にピークを残す結果となっています。ちなみに3.2kHzのディップはT25CF001のデータシートにはなく、Edgeによる解析からバッフル回折によることが分かっています。つまりバッフル形状に原因があるということです。

Transfer_2

伝達関数にリップルがあるとどうなのか、ちょっと心配になってDickasonの”Loudspeaker Recipe”を読み返してみましたが、いずれの作例でもTransfer Functionを確認しつつ、多少のリップルは許容しているようでした。

うちのSEASは時折、水面に光が反射するがごとく『きらりん』といってみたり、ハスの葉の上を水滴が転がるがごとく『ころりん』といっってみたり、独特の美しい音色を聴かせます。これは意図したものではなく、最初から備わっている特徴です。ハイ上がりというよりも音の輪郭が強調されるような一種の色づけで、モニタースピーカーとしてはNGですが、これがうちのSEASの魅力になっています。この独特の表現はSEASのツィータの個性によるところもあるでしょうが、上述のHPFの過渡特性もその一端を担っている気がします。そしてその過渡特性の根源がバッフル形状にまで遡及するとすれば、スピーカー作りは実に奥が深いと言わざるを得ません。



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用