FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
今回のネットワーク改造では、まず疑似無響室特性において鉄板フラットな特性を作っておき、そこから聴感で良いバランスになるよう微調整するつもりです。

ところで、巷では完全にフラットな特性よりも高域にかけて緩やかにロールオフする特性のほうが聴感上好ましいと言われています。その理論的な根拠は見たことがないのですが、おそらく経験則としてそうなのでしょう。

そこでひとつ、海外の著名なスピーカービルダーがどのような特性に仕上げているか調べてみました。

まずは私がいちばん影響を受けたZaph先生。こちらはロールオフさせずにフラットな特性に仕上げる流儀のようです。

http://www.zaphaudio.com/ZRT.html
http://www.zaphaudio.com/audio-speaker17.html


次はヨーロッパを代表してTroels Gravesenさん。こちらの方ははっきりロールオフさせる主義のようです。

http://www.troelsgravesen.dk/Illumina-66.htm
http://www.troelsgravesen.dk/TJL_2W.htm


最後にLinkiwitz大先生。ORION-3に限定した話ですが、こちらに興味深い記事があります。

http://www.linkwitzlab.com/frontiers_7.htm#A2

要約すると、

① 残響のある(つまり一般的な)部屋においては完全なフラットレスポンスは好ましくなく、1kHz以上の領域に対して何らかのdown-shelvingが必要である。

② ただしTWのレベルを絞るだけではうまくいかない。down-shelvingを開始する周波数ポイントを適切に設定する必要があるが、これは非常にクリティカルである。


②は私にもうなずけるところがありますが、はたしてパッシブでどこまでうまく調整出来るものやら。うちのクロスオーバーネットワークはTWのレベル調整(R1)とは別にHPFの肩特性を調整する抵抗(R2)が入れてあるので、このあたりの追い込みがポイントになりそうです。

150827_normal



(つづく)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用