FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  オーディオ
tags : 
はい、それではRogers LS3/5Aの実測データです。

今回お借りしたスピーカーにはSxxxxxxA/Bという具合に8桁のシリアル番号が打ってあり、最後の文字がAとBになっています。つまりMatched Pairですね。

こちらがAのFarfield測定結果。まずはグリルをはずした状態で測定してみました。

A_Farfield_WO_Grill


こちらはグリルを付けた時の特性。驚いたことにグリルを付けた方が周波数特性のフラットネスが良くなっています。

A_Farfield


ツィータの周囲には厚いフェルトの囲いがあり、グリルに密着するようになっています。おそらくこれで高域の特性をコントロールしているものと思いますが、実に巧みな設計です。

バッフルのアップ2


こちらがB。おなじくグリル付きの特性です。Aと良く揃っています。

B_Farfield



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用