FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  オーディオ
tags : 
Rogers LS3/5Aの測定が終わりましたので、データを公開します。
まずはいつもの測定環境から。

【ハードウェア】
オーディオI/F : M-Audio Firewire410
パワーアンプ : GUANZO LM3886
マイクロフォン : Dayton audio EMM-6 (校正データは使用せず)

【ソフトウェア】
インパルス応答測定 : ARTA Version 1.83
インピーダンス測定 : LIMP Version 1.83
データ解析 : Speaker Workshop 1.61

【測定条件】
シーケンス長 : 32k
サンプリングレート  : 48kHz
分解能 : 24bit
測定信号 : Periodic Pink Noise
測定モード : デュアルチャンネルモード
アベレージング : 16回
マイク距離 : ツィータの軸上1m
マイク高さ : 103cm

測定場所は拙宅の約7畳の洋間で、吸音処理は特に何もしていません。

FarField480

LIMP_480


こちらがRogers LS3/5Aのインパルス応答波形。最初の大きなピークのあと一旦波形が収束し、13msあたりに再度小さなピークが現れていますが、これは床からの反射波(1次反射)で、直接波よりも約3.7ms遅れて到達しています。

PIR


このインパルス応答のうち、最初のピークから1次反射が到達するまでの区間だけを取り出して解析(フーリエ変換)することにより、部屋の影響を含まない周波数特性(疑似無響室特性)が得られます。ざっくり言えば、これがARTAの測定原理です。

ここで1次反射(ここでは床からの反射)よりも先に別の反射が来ると、データに細かな凹凸のArtifactが生じてしまいますので、マイクスタンドやホルダーの選定は重要です。拙宅では自作のパイプ状マイクホルダー(長さ1m)を使うことでクリーンなインパルス応答を得ています。このあたりのノウハウはこちらにまとめてあります。

PIR_Gated


あらあら、今日は測定条件の話で終わってしまいました。
明日以降、データをアップします。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用