FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  PARC Audio Project
tags : 
PARC鑑賞会が次の土曜日に迫り、The long and winding roadもそろそろ終わりが近づいてきました。今日は鑑賞会で使うプログラムの鳴りっぷりを確認したあと、梱包を行いました。


梱包


スピーカーをリビングルームに移して鳴らし込みを始めてから2週間とちょっとで本番を迎えるわけですが、とりあえず一区切りということで、自己評価をしてみます。

【中低域】
バスレフのチューニングが低すぎるせいか少々痩せ気味です。鑑賞会では壁に近づけてセッティングすることで誤魔化そうと思います。

【高域】
去年のようにヒステリックに叫ぶこともなく、一応聴くに堪えるレベルです。美音というよりも、入力信号をストレートに鳴らしている感じ。去年の鑑賞会でPARC Audioの冨宅代表による磁性流体の有無のデモがありましたが、あのときの磁性流体無しの音ですね。

【ウーファーとツィータのつながり具合】
これは文句なしです。ウーファーもツィータもLR4に沿ったAcoustic slopeに仕上がっていますし、私がこだわるReverse nullも綺麗な対称形でしっかり出ていますから。

【気になる点】
何故かアタック音に特有のクセがあります。去年、初めて鳴らしたときに『こりゃ、あかん』と感じたのがこのクセでした。今年はNWを作り直して大幅に改善しましたが、まだわずかに残っています。


梱包を済ませた後、久しぶりにSEASに戻して鳴らしてみましたが、PARCとの比較論はまたいずれ。



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用