FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  PARC Audio Project
tags : 
再生系の改良というほどの事でもないので、タイトルに『プチ』を付けました。

Firewire410をMarantzのパワーアンプMM7025に直差しして聴いてみました。スピーカーは、PARCは分解調整中なので我が家のメインのSEAS Excelです。

Firewire410は元々が音楽制作用の機材なので音質もモニター系のソリッドな音を予想していましたが、意外にもソフトタッチで耳当たりが良く、それでいて細かい音もきっちり出ており、なかなか良い感じです。Bill Evansのような古い録音も意外にいけるのも予想外でした。

Firewire410とMarantz.jpg


ところで、Firewire410の電源はとてもチープなACアダプターから供給されています。最近は数社からローのイズ・高速応答を謳ったオーディオ用ACアダプターが発売されていますが、ここはひとつ自作してみようかと思っています。巷では整流ダイオードをSiCショットキーダイオードに換えると音が激減するとか色々な話がありますので、そのあたりを自分で確かめてみようという興味もあります。

PARC 2ウェイの方はもう一度ドライバの裸特性を測定しておきたいのですが、こう暑いとなかなかやる気が出ず、今日ようやくインパルス応答の取得を行いました。これから解析を進めます。



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用