FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  PARC Audio Project
tags : 
次はエンクロージャを後傾させたときのウーファーの特性です。

バッフル傾斜角=0度(このデータだけ測定時期が異なります)
DCU-131A_485.jpg

バッフル前端の持ち上げ量=30mm
バッフル傾斜角=7.4度
WF_B_Tilt_30mm.jpg

バッフル前端の持ち上げ量=35mm
バッフル傾斜角=8.7度
WF_B_Tilt_35mm.jpg

バッフル前端の持ち上げ量=40mm
バッフル傾斜角=9.9度
WF_B_Tilt_40mm.jpg


チルト角が7度から10度の範囲ではウーファーの音圧特性に大きな変化はないようです。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用