FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  スポーツ
tags : 
なみはやドームで開催された世界フィギュア2014大阪エキシビジョンに行ってきました。

今年は冬季オリンピックイヤーということに加えて、先日世界選手権がさいたまスーパーアリーナで開催されたこともあり、日本勢は男子が羽生 結弦、町田 樹、織田 信成、小塚 崇彦、無良 崇人、女子が鈴木 明子、村上 佳菜子、宮原 知子、海外からは男子がパトリック・チャン、ハビエル・フェルナンデス、デニス・テン、女子がアデリナ・ソトニコワ、カロリーナ・コストナー、アイスダンスがテッサ・バーチュー、スコット・モイヤー組、ペアが高橋 成美・木原 龍一組といった具合で、ソチオリンピックと世界選手権のメダリストの殆どが顔を揃える超豪華メンバーでのエキシビジョンとなりました。

大阪エキシビジョン2.jpg


一番印象に残ったのがカロリーナ・コストナーの演技。初めて見る実物のコストナーはとても長身で舞台映えがした。あろうことか演技途中で音楽が止まるというアクシデントが発生したが、それでも無音の中を『アヴェ・マリア』を滑り続けるコストナーの姿は本当に美しかった。そしてアンコールの『ボレロ』は圧巻の一言。

そのほか印象に残った選手達...

○パトリック・チャン
ソチオリンピック前のライバルを挑発するような表情が消え、吹っ切れたような清々しい笑顔が印象的。いつも野暮ったい曲ばかり使う彼が今日はめずらしく洒落た曲を披露したが、正直あまり似合っていなかった。

○町田 樹
ついに世界のトップスケーターの仲間入りを果たした町田君。なにしろ世界ランキング3位ですから。『ロシュフォールの恋人たち』で見せた陰影の深い独特の世界観は彼にしか演じることができないだろう。
その一方で、他の選手が笑顔を振りまく中、彼だけは最後まで表現者としての顔を崩さず(笑)

○織田 信成
引退後人気急上昇の殿は今日も絶好調。

○羽生 結弦
フィナーレで4回転→トリプルアクセル→トリプルアクセル→トリプルアクセルという、とんでもない4連続ジャンプを披露。骨折しても知らないよ。


これで今シーズンの競技イベントはおわりです。



(この章おわり)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ