FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  PARC Audio Project
tags : 
SEASで聴く『エデンの東』は実に良いです。

さて、LPFはすんなり出来ましたが、ここから先のHPFは合成特性のフラットネスと位相特性(Reverse null)を睨みながらの設計作業になりますので、なかなか手間がかかります。

HPFはまず3次の回路で組んでみました。青がネットワークを通したウーファー、赤がツィータ、緑が合成特性、白が2.4kHzのLR4の理論カーブです。ネットワークを通したツィータの特性はほぼLR4に沿っており、合成特性も言うことなしです。

HPF3rd_normal.jpg


しかし...

HPF3rd_reverse3.jpg

Reverse nullはほんとに申し訳程度というか、まるで位相が合っていません。元々Acoustic centerが合っていないものを無理矢理合わせ込んでしまおうという魂胆ですから、理論通りのAcoustic slopeではうまくいかないようです。ここは少し理論カーブからはずすことで位相合わせを試みます。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト