FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  PARC Audio Project
tags : 
疑似無響室測定を正しく行う上で重要なノウハウがいくつかありますが、そんなに難しい話ではありません。

疑似無響室測定の原理はこちらを見て頂くとして、直接波と反射波の伝搬距離の差が出来るだけ大きくなるようにセッティングするのが基本です。拙宅の天井の高さが2.4mなのでスピーカーの高さを1.2mに設定しています。このとき直接波の伝搬距離が1m、反射波の伝搬距離は2.6mとなります。

床と天井.jpg


この図はセッティングを上から見た図です。壁に対しても同じように考えると1.2m以上離してやる必要があります。もちろん、もっと広い部屋であっても問題ありません。

壁.jpg


同様に、スピーカー後方の壁からの反射波の伝搬距離を2.6m以上取るため、壁との距離は80cm以上必要です。

スピーカー後方.jpg


最後に、マイク後方の壁からの反射波の伝搬距離を2.6m以上取るため、壁との距離は80cm以上必要です。

マイク後方.jpg


これらをまとめると、最低必要な部屋の大きさは2.4m×2.6mとなります。つまり、家具が無ければ六畳間でも測定可能です。

この広さが確保できれば部屋の吸音特性は全く関係ありません。拙宅の測定場所も床がフローリングということもあって手を叩けばびんびん鳴るほどの反射がありますが、クリーンなインパルス応答が得られています。


もうひとつ重要なのがマイクの保持方法です。それを次に紹介します。



(つづく)





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用