FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
次はマイクを近づけたときの変化です。

こちらがツィータを正相接続したときのデータ。マイク位置はツィータの軸上ですが、マイクとツィータの距離は、黄緑が基準となる100cm、黄色が90cm、水色が70cm、青が50cmです。距離が短くなるに従って音圧レベルが上昇していますが、周波数特性はほとんど変化していません。

normal_100-50cm.jpg


こちらがツィータを逆相接続したときのデータ。こちらもマイク位置はツィータの軸上で、マイクとツィータの距離は、黄緑が基準となる100cm、黄色が90cm、水色が70cm、青が50cmです。マイクを50cmまで近づけるとreverse nullが浅くなっており、ウーファーとツィータの位相関係が崩れてくることが分かります。

reverse_100-50cm.jpg


前回のデータと合わせて、ツィータ軸上であれば70cmから150cmまでの範囲で周波数特性も位相関係も概ね維持されることが分かりました。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用