FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  オーディオ
tags : 
コメントで紹介頂いたのがこれ。国産のコアキシャルドライバです。

http://parc-audio.com/shop/products/detail.php?product_id=120

最近、コアキシャルに興味があり、ちょっと作ってみたい気もするのですが、資金も置き場もない...

ということで、机上検討で遊んでみました。

手順は以下のとおり。

*** 注意 ***

以下の記述は筆者の私見に基づいた机上検討の結果であり、設計が適切である保証はありません。この結果を用いての追試、試作は自己責任でお願いします。


① SPL Tracerを使ってデータシートの周波数特性とインピーダンス特性のグラフをトレースし、.FRDファイルおよび.ZMAファイルとしてセーブする。
② フリーソフト”Edge”を使って標準エンクロージャのバッフル回折を計算する。
③ これらのデータをSpeaker Workshopにインポート。
④ ウーファー部の特性にEdgeの計算結果を掛け合わせてエンクロージャ実装時の周波数特性を求める。
⑤ Speaker Workshopのネットワークシミュレータで遊ぶ。

SPL Tracerでトレースしたウーファー部の特性が濃い緑、ツィータ部が青のグラフです。

WF_TW.jpg


バッフル回折の計算結果はこんな感じ。これを使ってバッフル回折効果を織り込んだ実装時のデータが上のチャートの薄緑のグラフです。

parc_edge.jpg


ネットワークシミュレータで色々遊んだ末になんとか格好が付いたのがこれ。奇しくもParc Audioの推奨NWとよく似た回路になっていますが、ツィータがウーファーのコーンによる影響で2kHzあたりに山を持つので、これをつぶすために3次のHPFが必要になるからでしょう。LPF側はバッフル回折補正をかけているのでL1の値が大きめです。

130326_NW.jpg


ツィータ正相接続の時のデータ。クロスオーバーは4kHz、Acoustic slopeは4次のLinkwitz-Rileyです。7kHzのディップはネットワークだけではいかんともしがたく、周波数特性のフラットネスは±5dbといったところでしょうか。

130326_normal.jpg


ツィータ逆相接続時。ちゃんとreverse nullが出るように追い込みました。

130326_reverse.jpg


感想です。

シャープなreverse nullが示すようにびしっと位相が合った点音源がどんな空間表現をするのか、非常に興味をそそられます。その一方で、SEASのコアキシャルも同様ですが、コアキシャルドライバのツィータは単品と比べて周波数特性の凹凸が大きく、クロスオーバーネットワークをうまくまとめるのはなかなか難しいと感じました。

また私見ですが、このドライバの実力を発揮させるには高次のネットワークを使って低目の周波数でクロスさせる方が良く、6db/octなどの低次のネットワークは向かないのではないかと思います。



(完)
関連記事

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用