FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
ARTAではインパルス測定の結果からCumulative Spectral Decay(CSD)を求めることが出来ます。

CSDとはスピーカーへの入力が無くなった後の音量の減衰を時系列で表示したものです。本来、スピーカーへの入力が途絶えれば音も瞬時に消滅するはずですが、実際にはコーンの共振があったりすると仏壇の鐘がちーんと鳴るように余韻が残ります。当然こういった余韻は余計な付帯音や音離れの悪さといった形で悪影響を与えます。

さて、こちらが右チャンネルのCSD。私はまだCSDの良し悪しを語れるほど目が肥えていないのですが、5kHzから上がすぱっと消えているので、まあまあ良い部類ではないでしょうか。聴感上もSEAS Excelの音離れの良さと言うか、スピーカーの存在を感じさせない独特の鳴り方はこういった特性が関係しているのでしょう。

right_CSD_480.jpg


こちらが左チャンネル。右チャンネルと良く合っています。

left_CSD_480.jpg


参考までに、こちらはネットワークを通さない裸のW15CY001のCSDですが、8.3kHzのBreak-up nodeとその高次の共振があまりに激しすぎてグラフのレンジを変えないと表示できませんでした。裸ではこんなに荒々しいW15CY001ですが、高次のクロスオーバーネットワークやノッチフィルターでBreak-up nodeさえうまく処理してやれば、マグネシウムコーンの剛性の高さが活きて上記のように良好なCSDが得られます。

W15CY001_CSD480.jpg


ちなみに、こちらはTangBand W3-315SCのCSD。W15CY001ほどではないにせよ、ずいぶん賑やかです。いかに小口径と言えどもフルレンジの高音の質には限界があるように思います。

W3-315SC_CSD480.jpg


さて、以上でクロスオーバーネットワーク再製作後の特性評価は終わりです。

本来ならここでスピーカーシステムの完成なのですが、Far field特性に低域のNear field特性をMergeするためにポートレスポンスを測ってみると、何やら盛大に定在波が立っているようで、これを直さなければいけません。

というわけで、次回からは吸音材の再調整とポートレスポンスの測定編が始まります。



(この章おわり)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用