FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
音像定位の良し悪しに影響を与える要素の一つに左右のスピーカーの特性差があると言われています。言うまでもなく左右の音圧特性や位相特性が揃っているほど定位が良くなるはずです。そこで私のSEAS Excel2ウェイでは左右のスピーカーの特性差を極力小さくするようドライバやパーツの入手に拘りました。

たとえばこれ。ツィータのT25CF001はMadisoundと交渉してシリアルナンバーが続き番号のものを入手しました。

T25CF001_serial


またクロスオーバーパーツには誤差+/-2%以内のものを選定し、Erseから直接購入したSuper QインダクタもMatched pairを入手しています。

matched pair.jpg


さて、その成果は?

ということで、左右の音圧特性を比較したのがこれ。上のグラフが正相接続、下が逆相接続時、いわゆるReverse nullです。青が左ch、赤が右chですが、いずれのグラフでもほとんど完璧に一致しています。ここまでくるとドライバや素子の特性バラツキというよりもバッフル回折で周波数特性が決まっているようです。

Left vs Right.jpg


Left vs Right(reverse).jpg


事実、SEAS Excel2ウェイの音像定位はピンポイントで決まります。うちのサブシステムであるTangBand W3-315SCよりも良好です。



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用