FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
今回設計したクロスオーバーネットワークのキモは、バッフル回折を補正するためにLPFに2.5mHという大きなインダクタを使うことです。

さて、このインダクタには何を使うか?

必要なのは2.5mHですが、より一般的な2.2mHで比較検討をしてみます。

1) ERSE 2.2mH 14 AWG Perfect Layer Inductor(0.33Ω)
 定番商品です。初代および二代目ネットワークではこれの1.2mHを使っていました。

2) Jantzen 2.2mH 14 AWG Copper Foil Inductor(0.40Ω)
 表皮効果を低減するために導体として銅箔を使った製品ですが、そもそも表皮効果は無線周波数領域で問題になる現象で、オーディオ領域では問題になりません。このあたり、キャッチコピーに惑わされず、電磁気学に基づいた定量的な判断が必要です。高価なわりに音質評価がいまひとつ芳しくないのはDCRが高いせいでしょうか。

3) Jantzen 2.2mH 14 AWG C-Coil Toroidal Inductor(0.06Ω
 これも高価な製品です。トロイダルコアを使っているため漏洩磁束がなく、所定のインダクタンスを得るための巻線数が少なくて済むため、DCRが非常に低いのが特徴です。その一方で磁束密度は高いと思われ、コアが飽和しないかちょっと心配になります。ちなみにコアはフェライトではなく鉄粉系のようです。

4) ERSE Super Q 2.5mH 14 AWG Inductor(0.113Ω)
 実は今回採用したのがこれ。コア材は一般的な方向性珪素鋼板ですが、コアをH型にすることで漏洩磁束を少なくした製品です。Parts-Expressでは16 AWGの製品しか扱っていないのですが、どうしても14 AWGが欲しかったのでErse Audioから直接購入しました。日本でSuper Qの14 AWGを使った作例は私のSEAS Excelが最初かも知れません。


インダクタに関して、日本では、

 鉄心コイル = 歪む = 安物
 鉄心コイルを使うやつ = 無知 = 素人


という図式があるようですが、これまでの経験からウーファーと直列に入るインダクタに関してはDCRが少ないことが最も重要だと感じています。鉄心コアの歪みは確かに存在しますが、それが問題になるのはコアボリュームの小さいコイルに大入力をぶち込んだ場合です。一方、インダクタのDCRによる音質劣化は音圧レベルに関係なく常に生じます。

スピーカー作りはエンジニアリングの一種ですから、感性だけに頼っていると失敗することを忘れてはいけません。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用