FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
ついでにCumulative Spectral Decayを解析してみました。操作はインパルス測定をしてゲートを切った後、AnalysisのタブからCumulative Spectralを選ぶだけです。

CSDは、私の理解では、スピーカーへの入力が無くなった後、どのぐらいの時間音が残っているかを示したものです。全く残らないのが理想ですが、実際にはコーンの振動が収束するまでの間は音が残ります。特にコーンに共振ピークがあると、その部分で長い残響が発生します。仏壇の鐘がちーんと鳴るのと同じ原理でしょうか。

SEAS Excel 2ウェイのCSDですが、少なくとも5kHzから上の領域は綺麗に消滅しています。このスピーカーの余韻の美しさや、ふっと音が現れてふっとまた消えるといった独特の鳴り方はこういった特性によるものかも知れません。

CSD_unsmoothed480.jpg


ちなみにこちらは裸のW15CY001のCSDですが、高域のBreak-upのところに強烈な残響が発生しています。あまりに残響が大きいので上のグラフとはレンジを変えてあります。このドライバは高次のネットワーク無しには使えないということですね。

W15CY001_CSD480.jpg

W15CY001はマグネシウムコーンなので特にBreak-upが顕著ですが、他のミッドバスでも多かれ少なかれBreak-upはあります。そう考えると、日本でよく見かけるミッドバスの高音側はスルーにしてツィータの低音側だけをコンデンサでカットするというフォーマットは非常に疑問に思えます。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用