FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
これまでのSEAS Excel Projectでは計測用マイクとしてパナソニックWM-61を用いた自作マイクを使ってきましたが、そろそろ年貢の納め時、ちゃんとした校正済みマイクを買う決心をしました。

計測用マイクといえばBehringer ECM8000が超定番ですが、海外のサイトではあまり評判がよろしくないようです。曰く、

 ・ 実物の周波数特性はカタログほどフラットではない
 ・ 個体差が大きい


云々。

http://www.hometheatershack.com/forums/spl-meters-mics-calibration-sound-cards/56492-2012-state-calibrated-microphone.html

http://www.cross-spectrum.com/weblog/2009/07/23/index.html#Jul232009

一方、アメリカにはCross Spectrumというマイクの校正を行う会社があり、ここで校正データ付きECM8000を買うことも出来ます。

http://www.cross-spectrum.com/measurement/calibrated_behringer.html


もうひとつの選択肢はDayton AudioのEMM-6という計測用マイクです。こちらも個別の校正データが付いており、Daytonのサイトでシリアルナンバー入力して校正ファイルをダウンロードすることが出来ます。さらにCross Spectrumから校正済みのEMM-6を買うことも出来ます。

校正の確かさは、

Cross Spectrumで校正されたECM8000またはEMM-6 ≧ ストックのEMM-6 >>>>> ストックのECM8000

といったところでしょうか。


EMM-6はECM8000のそっくりさんですが、中身は別物のようです。

EMM-6-1.jpg



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用