FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
最終的な回路がこれ。W15CY001のようなマグネシウムコーンドライバを使ったクロスオーバーネットワークとしては非常にシンプルな回路で、部品点数はこれ以上減らしようがありません。その一方でクロスオーバーポイントにおける位相はきっちり合わせ込んであり、そのために素子定数は1%ずれてもダメ、というところまで追い込んでいます。

いわばSEAS Excel 2ウェイのクロスオーバーネットワークのひとつの到達点だと思います。

最終回路


上がツィータが正相のとき、下が逆相のときの周波数特性です。

オリジナル正相(CRなしL2なしC1=17.2)

オリジナル逆相(CRなしL2なしC1=17.2)


よく見るとミッドバスの減衰スロープがツィータ側よりも少し緩くなっていますが、こういった例は海外のサイトではしばしば見られます。たとえばZaph先生の作例では、

It is functionally 4th order Linkwitz-Riley with a slightly shallower slope on the woofer to help with the acoustic center offset between the woofer and the tweeter.

出典:http://www.zaphaudio.com/ZRT.html

W15CY001とT25CF001の組み合わせにおいてもツィータをミッドバスより数cm後退した位置に取り付けてacoustic centerを揃えてやればわりと簡単にReverse Nullが出せるのですが、そのためには傾斜バッフルとか段付きバッフルが必要になります。私はこういったデザインが好きではないのでツィータとミッドバスを面一にマウントしましたが、それでもちゃんとReverse Nullが出るようにネットワークを調整した結果、ミッドバスの減衰スロープがツィータ側よりも少し緩くなっていたという次第です。


さて、今回のクロスオーバーネットワークの再検討で私が得た教訓は以下の通りです。


1. ツィータやミッドバスに直列に入る素子(CまたはL)は1個にする。

2. クロスオーバーネットワークはシンプルな方がよい。ただしツィータとミッドバスの位相がちゃんと合うことが前提。




エピローグのつもりでしたが、まだやり残したことがあったので撤回します。



(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用