FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
現行バージョンのLPFからL2を除いて2次のフィルター回路にしたときの特性がこれ。ツィータは正相接続です。なぜL2を取り除いてみようと思ったかというと、ミッドバスに直列に入る直流抵抗成分が減ることで元気の良い音になるのではないか、という期待からです。

L2を除外したことでことで12~15KHzあたりの減衰が約10dbほど悪くなっていますが、果たしてこれが聴感上の差につながるかどうか...あまり影響しないんじゃないか、というのが私の読みです。


オリジナル正相(CRなしL2なし)


比較のために、L2ありのときの特性も再掲載しておきます。


オリジナル正相(CRなし)


ツィータを逆相接続したときの特性がこれ。やはりReverse Nullが貧弱です。


オリジナル逆相(CRなしL2なし)


次に、L2なしでもReverse Nullが出るように他の素子の定数をいじってみることにします。



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用