FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
バスレフポートを再調整して大きく変わった点の一つは、NR1602のDIRECTモードとPURE DIRECTモードの音質の差がはっきり分かるようになったことです。

PURE DIRECTモードというのはオーディオ信号系統とは直接関係のない本体のディスプレイ表示回路とアナログビデオ入出力回路を停止させるモードで、使わない電気は消しましょう、ぐらいの意味かと思っていましたが、ところがどうして、音の鮮度というか透明感にかなりの差があります。もちろんPURE DIRECTのほうが良くて、これに慣れてしまうとタダのDIRECTのでは鮮度が物足りなく感じます。


アンプ2



PURE DIRECTモードで鳴らすSEAS Excelは、ソースの中からとことん細かい音まで拾い上げて美しく聴かせてくれます。

この解像度の高さはSEASの高級ドライバを使った2ウェイの面目躍如といったところですが、その一方で、

  こんな音入ってましたけど、何か?

と言わんばかりの醒めたところもあり、フルレンジを聴いていた頃のような熱いものがこみ上げてくる感覚はやや希薄です。計測とシミュレーションを駆使して追い込んだ結果がこれかい?と思うとちょっと悲しくなりましたが、少々思い当たるふしもありますので、もう少しだけエンクロージャに手を入れてみようと思います。(いつになるか分かりませんが...)


というわけで、エピローグは撤回です。


(つづく)




関連記事
スポンサーサイト