FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
今回再測定するに際してあれもこれもすっかり忘れてしまっていたので、Speaker Workshopのセッティングを防備録として貼り付けておくことにします。

インピーダンス測定、ニアフィールド、ポートレスポンスに共通のセッティングですが、低域測定をする場合は周波数分解能を高くしたいのでサンプルレートは11kHzと低くして、サンプルサイズも256Kと大きく取っています。さらに統計変動を少なくするために4回積算していますが、MLS信号のガーッという音を長々と聴かされるので正直うんざりします。フルレンジの測定をするときはこのセッティングのままサンプルレートを44.1KHzにしています。

ドライバへの入力レベルはDMMを使って2.8Vに合わせています。


測定条件



(つづく)



関連記事
スポンサーサイト