FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  音楽
tags : 
YouTubeで聴いて、どうしても欲しくなって買った一枚。
Blood Sweat & Tearsなんて言っても、知ってる人は少ないでしょうな。

実はこれ、1971年にリリースされた当時、LP盤を持っていた。当時、『ブラスロックと言えばシカゴ』という時代だったが、吹奏楽部の友人から『シカゴよりこいつらのほうが演奏うまいから』といって聴かされたのだった。我ながら中学生にしてはずいぶん渋い音楽を聴いていたものだと思う。


BST4_1


シカゴがロックミュージックとするなら、BS&Tにはホーンセクションを生かした独自の世界観がある。

BST4_2


今改めて聴き直してみて、まず曲が良い。残念ながらリマスター盤の輸入CDには歌詞カードが付いていないのだけど、歌詞がまたいい。泣かせます。それとなんといっても、生のホーンセクションの重厚な音色がいい。今時のサンプリング音源にはない暖かさがあります。

BS&T最後の傑作です。


(完)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:楽器・音楽をエンジョイ♪ - ジャンル:趣味・実用