FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
リスニングの結果です。もちろん私の主観的な評価になります。

このスピーカーの音色には、これといった特徴はありません。入ってきたものがそのまま出てくるような感じです。

一方、音の立ち上がり感には独特なものがあります。透明な空間の中に音像がぱっと立ち上がり、さっと消える様は、グレードは大きく異なるもののTangBand W3-315SCにも相通じる部分があり、メタルコーン特有の表現かも知れません。Water Fall特性を測定してみたいところです。

昔、どこかのサイトでSEAS Excelシリーズは美音と言うよりもリアリティに特徴があるという評を見たことがありますが、このスピーカーもまったり系というよりもシャープな表現が得意で、たしかに当たっている気がします。

とはいえ、T25CF001はピアノや弦で時折思わずニヤリとしたくなるような美音を奏でることもあり、高級ツィータとはこういうものかと納得してしまいます。

それから音像定位は非常に良好で、小口径フルレンジのW3-315SCすら超えています。
今回はシリアルNo.が続き番号のドライバペアが入手できたことと、ネットワークパーツに精度1~2%のものを使ったせいで、左右の特性が良く揃っているのでしょう。


近況100821


(つづく)


関連記事

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用