FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
クロスオーバーネットワークパーツのチョイスは以下のようにしました。

◆インダクタ : 1.2mHと0.33mHはErseの14gauge、0.6mHはJantzenの18gauge
◆キャパシタ : ツィータと直列に入る5.6uFはJantzenのZ-Superiorを奮発
           その他はDaytonの誤差1%のやつ
◆レジスター : Millsの無誘導抵抗

JantzenのZ-Superior以外は特に高価なパーツは使っていませんが、全体に誤差の少ないパーツを使うことにしました。DaytonのキャパシタだけでなくErseのインダクタも誤差1%です。良好な音像定位を得るためには左右のスピーカーの特性が揃っていることが重要だと言われており、今回はドライバにシリアルナンバーが続き番号のペアが手に入ったこともあって、クロスオーバーネットワークも左右の特性差が少なくなるように高精度のパーツを使うことにしたわけです。

Parts Expressにオーダーを入れてみたところ。208ドルほどですが、これに加えて送料が50ドルほどかかります。


Parts_express


(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用