FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
クロスオーバーネットワークの設計を行うためにはドライバの周波数特性とインピーダンス特性を位相も含めて実測する必要があります。以前の『クロスオーバーネットワークの検討』シリーズではSPL Toolを使ってデータシートから読み取った特性を使ってシミュレーションを行っていましたが、いよいよちゃんと実測しなければいけない段階になりました。

まずSpeaker Workshopを使ってFar Field Gated Measurementを行います。Far Field Measurementはスピーカー特性の測定の中で最も難しい測定です。私の印象では、

   Far Field Gated Measurenent > Near Field Measurement > インピーダンス測定

の順に難しいと感じますが、その一方で疑似無響室特性が測定できるという点ではGated MeasurementこそSpeaker Workshopを使った測定の醍醐味と言うことが出来ます。


Far Field Measurement


(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用