FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  スポーツ
tags : 
祝!
高橋 大輔 世界選手権金メダル!


高橋の演技は本当に素晴らしい。

なぜ素晴らしいかというと、高橋はいつのまにか映画の中の主人公になり、心の動きや喜怒哀楽をジャンプやスピンといった形で表現しているからだ。その所作は決して音楽から乖離しない。それに対して海外の選手は審査員に技をアピールするために、音楽はお構いなしに唐突にジャンプして見せたりする。あくまでアスリートなのだ。

高橋の演技を見慣れてしまうと海外の選手の演技は大味で退屈だ。つまり、高橋は男子フィギュアの世界に新しいスタンダードを作ってしまった。男子フィギュア界のイチローである。


織田信成は、心の中で何か壊れてしまったのだろう。ただ演技の良し悪しは別として、やはり彼を讃えたい。彼は挑戦したから失敗したのだ。挑戦しなければ失敗することもない。しかし挑戦しなければ得られないものがあるから彼は挑戦するのだろう。そのことを讃えたいと思う。


小塚崇彦は、選曲が良くない。いくらなんでもジミヘンは無いでしょう。とりわけ重い8ビートに合わせて滑れる選手なんているんだろうか。昔から舞踏曲は四分の三拍子に決まっています。


(おわり)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ