FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
クロスオーバーネットワークが正常に機能しているかどうかをチェックする指標として、どちらかのドライバを逆相にしたときの特性を見るという手法があります。クロスオーバーポイントにおいてウーファーとツイータの位相がぴったり合っていれば、正相にしたときにはフラットな特性が、逆相にしたときには深いディップが現れます。いわゆるreverse nullというやつですね。

というわけで、できあがったネットワークでツイータを逆相にしてみましたが、あまり深いディップはできません。位相が合っていないようです。フィルタースロープはぴったり合っているのですが...


W15CY001_T25CF001_total_reverse1


(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用