FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
SPL Tracerを使って読み取ったW15CY001の周波数特性をSpeaker Workshopにインポートして、クロスオーバーネットワークのシミュレーションを行いました。クロスオーバー周波数は2kHz、目標とするスロープは4th order Likwitz-Rileyです。

フィルター回路として、とりあえず2nd order Butterworthフィルターを試してみました。カットオフ周波数は2kHzです。公式に従って求めた値を入れてシミュレーションすると、こんな結果になりました。赤がドライバの生の特性、ピンクがフィルターを通したときの特性、黒が目標とするスロープです。

ぜんぜん減衰が足りませんね。


W15CY001_network_BW2nd


(つづく)


関連記事
スポンサーサイト