FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
オフセットを+2cmとしてツイータを逆相接続したときの特性です。深いディップ、いわゆるreverse nullが現れました。位相が合っている証拠です。グラフは載せませんが、このときの正相接続の特性はオフセットゼロの時とほとんど変わりません。クロスオーバーネットワークの設計としては、これでとりあえず合格というところでしょうか。

あとは『+2cmのオフセットが実用的にどうなのか?』という疑問が残りますが、この一連のクロスオーバーネットワークの検討はドライバの実測値ではなくデータシートのチャートをSPL Tracerで読み取ったデータを元にして行っているので、あまり深追いしてもしょうがない面があります。


W15CY001_T25CF001_total_reverse_off2cm


(つづく)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用