FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  SEAS Excel Project
tags : 
TangBand W3-315SCもまだ完成していないのに次のプロジェクトとはなんじゃ、と思われるかも知れませんが、TangBandプロジェクトは2005年1月から10月にかけて製作した内容をブログ形式に書き直して公開しているので、リアルタイムの出来事を綴ったものではありません。

一方、SEAS Excel Projectは2009年12月にスタートした新しいスピーカー製作記です。

TangBandにつづく2ウェイスピーカーシステムの構想はずっと検討していましたが、結局選んだのは以下のSEAS Excelシリーズです。

   W15CY-001 15cm Magnesium woofer
   T25CF-001 25mm Fabric dome tweeter

こちらがW15CY-001。うっ、美しい...

W15CY001

TangBand W3-315SCを使った印象ですが、メタルコーンには紙コーンにはない独特の透明感があるようです。で、次もウーファーはメタルコーンと決めていたのですが、色々検討した結果、海外でも作例の多いSEASのマグネシウムコーンに決めました。

このウーファー、メタルコーンの宿命として高域に強烈なピークがあり、使いこなしは難しい方だと思います。『ウーファーの高域は出しっぱなし、ツイータはコンデンサ一発で低音カット』といったイージーな(日本的な?)使い方は通用しません。

こちらはT25CF-001。端正なたたずまいです。

T25CF001

W15CY-001との組み合わせはZaphのサイトで”This was one of the best sounding 5" 2-ways I've designed”との記述があります。SEASのキットではT25CF-002(Millennium)との組み合わせを推奨しているようですが、こちらはお値段が2倍以上するのでパス。

ドライバはMadisoundから購入しましたが、最近の円高の影響で、送料を含めてもかなりお安く買うことが出来ました。

発注時に、

  Each pair with a close production date is preferred.

と要望を入れておいたら、どうやら英語が通じたようで、

  Hello *****,

  Thank you for your order, we appreciate your business.
  I have pulled consecutive serial numbers on both the tweeters and woofers that you
  ordered.

という返事があって、シリアルNo.が続き番号になっているペアを送ってくれました。幸先良いスタートです。

W15CY001_serial
T25CF001_serial


さて、SEAS Excel 2ウェイの製作開始はまだしばらく先で、1月か2月の予定です。

それまでの間、T25CF-001はW3-315SCの上でスーパーツイータとして鳴らしながらエージングしておきます。


(TangBand Projectに戻る)


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用