FC2ブログ

自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *

自作スピーカーと測定に関するブログです。

Category :  TangBand Project
tags : 
TangBand Projectをスタートするにあたって参考にした本です。


Cookbook480


手前左:Loudspeaker Design Cookbook 5th Edition (by Vance Dickason) $34.95
これを読めばスピーカー設計手法のグローバルスタンダードが分かります。エンクロージャだけでなくネットワークに関しても圧倒的なデータ量に基づいた理論的な説明は圧巻。ハイエンドスピーカービルダーを目指すならば必携の本です。我が国の自作スピーカの現状についても考えさせられる本です。

手前右:Loudspeaker Design Cookbook 6th Edition (by Vance Dickason)
$39.95

内容は5th Editionとほとんど変わらず、字が小さくなって読みにくくなりました。5th Editionを持っているなら買う必要はないと思いますが、私にはフレア付きポートに関するデータが収穫でした。

後方左:Loudspeaker recipe (by Vance Dickason)
$24.95

いわゆるレシピ本。Loudspeaker Design Cookbook の設計手法を実践するとこうなる、という製作例です。Cookbookを読んで理解した後でないと、何のことやらさっぱりわかりません。

後方右:Testing loudspeaker (by Joseph D'appolito)
$34.95

スピーカー特性測定に関する学術的な内容で、大学のテキストレベルでしょうか。読むのはかなりしんどいです。孤高のスピーカービルダーをめざす方にお奨めします。

残念なことにスピーカー設計技術に関して信頼に値する本は今の日本には見あたりません。CookBook 4th editionは英語以外に5ヶ国語に翻訳されて出版されたそうですが、日本語版が出る見込みはなさそうです。現代のスピーカー設計技術を学ぶなら、とりあえずCookBookを読むのが近道でしょう。

私が思うに、正統派のスピーカービルダーを目指す上で必要なものは、

1)英語力
2)インターネット環境


です。別に驚くには当たらない。日本のスピーカービルダーが置かれた状況は、医学を学ぶためにまずオランダ語を勉強するところから始めなければいけなかった江戸時代の医者と同じなのです。

(TangBand Project 完)


さて、来年からSEAS Excel Projectを順次アップする予定です。今度は2ウェイシステムなので、TangBand Projectでは扱わなかったクロスオーバーネットワーク技術を中心にしたスピーカー作りに挑みます。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用